cover.png

Dancing POV

スローシャッター撮影を用いて光の軌跡を撮影するライトアートを、誰でも振るだけで描けるデバイス。

筑波大学大学院にて、落合陽一 氏の授業にて3人チームで企画・作成。

仕組み

人間の力をデジタルに使わせてアートするというコンセプト。ArduinoやIR LED、一眼レフ、PC、IRフィルターなどで構成され、ソフトウェアはProcessingにより開発。デバイスを振ると、あらかじめ設定した画像の領域に入ったときにライトが光り、スローシャッター撮影によりアート作品が生まれる。

システム構成図

作例

透過PNGを読み込ませることで自由な画像をライトアートに変換できる。

作例1:英語の文字 作例2:ピクトグラム 作例3:日本語の文字

担当範囲